2017.03.13更新

先日、全身性強皮症に伴うレイノー現象・手指潰瘍に対する新しい治療として群馬大学 皮膚科講師 茂木 精一郎先生の講演と、
全身性強皮症の診断と治療ー血管病変を中心にと題して筑波大学皮膚科 教授 藤本 学先生の講演の研究会に参加してきました。

全身性強皮症は原因不明な手足にみられる、レイノー現象皮膚科潰瘍が特徴的です。最近の治療法の変化や新たな治療法の話を学んできました。

禁煙などはもちろんですが、プロサイリン、アンプラーグ、トラクリアなどの内服薬治療から、B型ボツリヌス毒素治療など様々です。

興味深い話はたくさんあったのですが、中でも印象的だったのは、抗核抗体陰性例3249例中6.2%に抗細胞質抗体、抗ミトコンドリア抗体、抗ARS抗体など
陽性で強皮症であったという施設報告がありました。

やはり、抗核抗体陰性例の中にも自己免疫疾患、膠原病の方もいるのだと再認識させられました。今後は陰性例にも注意していこうと思いました。

投稿者: 長沢医院

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

名古屋市守山区や春日井市近くの内科をお探しなら、長沢医院までご相談ください。