2018.09.21更新

慢性便秘症の治療として 松波総合病院 第二消火器内科部長 伊藤 康文 先生のご講演を聴いてきました。

いまや、日本人の多数が気にする便秘症についてで、とても幅広い話でした。

以前は、日本式便所が良かったのですが、洋式トイレの普及、食物繊維の摂取不良、朝食の欠如など様々な要因で便秘は発生します。

水溶性繊維と脂溶性繊維の比率が2:1とバランスの良い食事をとることも必要です。

アメリカのスターでエルベス・プレスリーは慢性便秘で悩まされていて、トイレでいきんで不整脈を起こして42歳で亡くなっていたという話はびっくりしました。

とても書ききれないほど多くの話が聞けて大変勉強になりました。便秘で悩んでいる方はご相談ください。

投稿者: 長沢医院

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

名古屋市守山区や春日井市近くの内科をお探しなら、長沢医院までご相談ください。