2013.10.12更新

本日は国立名古屋医療センターの先生方の講演会、勉強会があり参加してきました!

膠原病内科の長谷川先生の発表は両足のかかとの痛みが主訴の患者さんでしたが、なんとなんと
骨髄腫、クリオグロブリン血症であったという発表。まずはお目にかかれない病気ですね。というか、よく判ったなと
いう症例でした。

次に整形外科の石川先生の発表で、生物学的製剤使用中の方のインフルエンザワクチン接種後の抗体価の
変化の話でした。思いのほか、抗体価はつきにくいものと知ってびっくりしました。マスク、手洗い、うがい励行は
当然ですが、欠かせません。

最後に北海道大学の内科教授 渥美 達也先生の講演を聞きました。北海道では病診連携が大変であり、広大な
面積に患者さんが散らばっていることもあり、道東の方はリウマチ専門医はなど居ないため、治療が困難な状況にある
といった話が印象的でした。

名古屋市守山区で内科、リウマチ科、小児科、皮膚科,膠原病内科、予防接種、、健康診断、子宮頸癌ワクチン、往診などをお探しの方。高血圧や糖尿病、高脂血症メタボリックなど生活習慣病または腰痛、関節痛でお困りの方は長沢医院へ

投稿者: 長沢医院

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

名古屋市守山区や春日井市近くの内科をお探しなら、長沢医院までご相談ください。