2014.12.22更新

先日、糖尿病の新たな治療薬である選択的SGLT2阻害薬(デベルザ)に関する講演会に行って来ました。

名古屋市立西部医療センターの内分泌・糖尿病内科 副部長 木村 了介 先生に話を聴いてきました。

もともと日本人は内因性のインスリン分泌量が欧米人に比べて低下ぎみであり糖尿病は発症しやすいそうです。

SGLT2阻害薬(アプルウエイ、スーグラ、フォシーガ、ルセフィ、デベルザ、カナグルなど)はたくさん出てきています。

SGLT2阻害薬の最大の特徴は、血液中の過剰な糖を尿中に積極的に排出させることで血糖値を下げるという画期的なもので、更に低血糖リスクの低減、体重減少効果などが期待されます。

インスリン分泌を刺激しないもので腎臓の近位尿細管で糖の再吸収を抑制して働きます。他の薬などに影響を与えにくいのも良い点です。

メリットとしては血糖を下げ、体重も減少し、血圧が下がり(利尿効果で)、HDL↑、TG↓、尿酸低下・・・・などあります。

欠点としては脱水、体重減少、頻尿、尿路感染症・・などあります。

使用する対象としては65歳未満の中高年で太った方が良いのではということでした。
膵臓に負担かけずに腎臓に働くため他の薬剤との併用も問題ないのも良い点と思われます。

今後対象の方があれば使用も検討していきたいと思いました。

投稿者: 長沢医院

2014.12.18更新

びっくりしました!

名古屋でも9年ぶりの20cm超えの積雪でした!

本日はちょうど休診日でしたので休みで良かったです。

路面凍結しておりますので、長靴やスノーブーツなどで外出時は対応するようにしてください。

足元滑らないように気を付けてください。

投稿者: 長沢医院

2014.12.15更新

最近関節リウマチに関する相談者が多いです。

朝のこわばり、関節痛、手首手指の関節の腫れなどが1か月以上にみられるようなら関節リウマチは疑った方がよいです。

最近ではリウマチ検査、治療法も確立されており、早期発見、早期治療で劇的に予後が変わりました。

リウマトレックス、生物学的製剤などでコントロールできます。

リウマチ以外でも、関節痛を起こしたり、関節が腫れたりすることはあります。

心配な方はご相談ください。



投稿者: 長沢医院

2014.12.12更新

先日、難病指定医に登録されました。という通知書が届きました。

もともと特定疾患の方に医療補助が受けられる制度がありましたが、国の方針でこの特定疾患の対象数が増えることになりました。

そして名称もH27年1月より変更があるようです。それでこの難病指定医と新たに指定されたところで書類を申請し作成してもらうようにしてください。と通達がありました。

私も初めてのことなのでまだ不慣れで不明なこともありますが、出来るだけ協力はしていこうと思っています。

よろしくお願いします。

投稿者: 長沢医院

2014.12.01更新

早いもので師走です。

今年度の年末年始の診療の案内です。

◎年末は12月29日(月)午前診まで診察します。

×29日午後から2015年1月4日まで休診します。

2015年1月5日(月)より通常診療となります。よろしくお願いします。


投稿者: 長沢医院

ご予約・ご相談はお気軽に

名古屋市守山区や春日井市近くの内科をお探しなら、長沢医院までご相談ください。