2017.06.14更新

6月13日の中日新聞朝刊でとても興味深い記事がありました。

以前からも言われていましたが、朝のこわばりや手指、手関節痛などを初発とする40代の女性の症状は実は更年期症状ということがあります。

女性ホルモンのエストロゲンが関節滑膜の腫れをとる作用があり、エストロゲンが減少すると健や関節に炎症が起きやすくなるのです。

こうしたことは関節の変形などにも関与していて、早めに治療、対応するとへバーデン結節(第一関節の変形)やブシャール結節(第二関節の変形)などの変形が防げるという内容の記事でした。

これはすごく大事なことです。リウマチとの鑑別にも大変重要であります。

当院でも相談されに来る方で、実は更年期症状と判明する例も少なくありません。

そうした方はホルモン補充療法などで改善が見られます。

思い当たる症状があり、心配な方は当院へご相談ください。

投稿者: 長沢医院

2017.06.07更新

今日は、しだみ幼稚園の検診に行ってきました!

しだみ幼稚園は新緑に囲まれた自然豊かな環境のもとに、園児がのびのびと成長できる素敵な幼稚園です。happy01

内科検診として毎年検診をしています。みんなとっても元気で、行くたびに元気をもらって帰ってくる感じです。

今日は梅雨入りの雨模様の天気でしたが、園児はそんな天気を吹き飛ばすように過ごしていました。頼もしいです。

また行きますので宜しくお願いします。


投稿者: 長沢医院

ご予約・ご相談はお気軽に

名古屋市守山区や春日井市近くの内科をお探しなら、長沢医院までご相談ください。